スポンサーサイト

カテゴリ: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑

大宮区役所移転問題(後編)

カテゴリ: 旧大宮市役所移転問題

 前回に続き、旧大宮市役所移転の問題。
前回のブログでは、
①大宮駅から南に大きく遠ざかる(大宮中心街の空洞化)
②大宮図書館との統廃合
③図書館の指定管理者制度導入
の3点、問題を取り上げましたが、今回は、

 ④大宮区役所新庁舎整備事業の入札疑惑

 大宮区役所新庁舎整備事業の入札はPFI-BTO方式(設計・建築・運営の一括発注方式)の総合評価一般競争入札で行われ、大成建設グループと清水建設グループの2者が参加しました。結果は大成建設グループの落札となりました。
 しかし、2つのグループのどちらにも(株)図書館流通センターが参加していたことが発覚。更に図書館流通センターは、大成と清水では、異なる開館時間を提案していた事が明らかになりました。
 入札は、価格だけでなくサービス内容等も含めた総合得点で決まります。夜9時半までと夜8時までなら、前者が高得点になり、図書館流通センターが大成建設グループの落札を誘導したかのような形です。

 競争相手の2グループに同一企業が参加することは、内閣府のPFIの手引きで「企業グループの構成員は特殊な事情がない限り複数の企業のグループに参加することは認めない」とされています。にもかかわらず、コンビニやカフェ、自動販売機の運営業者も、同じ業者が2つのグループ両方に加わっていることも判明しました。

 特にコンビニは、大手コンビニチェーンが幾つもある中、弱小で基準も満たしていない「生活彩家」が加わっています。
 生活彩家は浦和の市役所の地下の売店を経営しています。「赤字続きで、大宮区役所のコンビニでもとを取らせようと、市が2グループに斡旋したのでは?」という噂も立ちましたが、そんな疑念を持たれても仕方のない話です。

 6月13日の大都市行財政将来ビジョン特別委では、弁護士を参考人として呼んだところ、同じ会社が2グループに参加した件について、図書館は全国に運営会社が5社しかないので特殊性があり問題ないが、コンビニやカフェ、自動販売機の運営については「不適切と言わざるを得ない」という見解でした。
 そこで入札に関する疑惑を解明するため、自民党の提案で地方自治法第98条に基づく調査権を発動し、6月議会終了後に調査(事務検査)を続けることになりました。(大宮区役所新庁舎整備事業を実施するため締結する特定事業契約に関する事務処理の事務検査に関する動議)
 入札の疑惑を調査するなら、大宮区役所や図書館の移転に関する議案は、調査結果が出るまで審議を凍結(継続審査)することが当然と考えます。
 吉田一郎市議も6月16日、この動議に対する質疑で、動議の提案者である自民党の議員に問いただしました。

吉田市議:大宮区役所や図書館の移転関連の議案3件(大宮区役所新庁舎の整備契約・図書館条例の改正・指定管理者の指定)の採決は事務検査が完了するまで行わないのか?
帆足市議:(事務検査)と議案は切り離して検査を継続するということで理解して頂きたい。(※要するに、事務検査とは無関係に議案の採決は行うと言うこと)
吉田市議:仮に議案が可決された場合、事務検査で違法性があると後で判明したときには、可決した議案、それに基づく契約は無効になるのか?
帆足市議:本会期中に決議すると議会運営委員会で整理されているので、議決されたものが後で覆ることはない。【動画で見る】

 自民党もこの大宮区役所の入札における疑惑を指摘し、調査することを決めた事まではよかったのですが、これではあまりに中途半端です。
 吉田一郎市議も動議の質疑の中で「議決された事案に対して事務検査を行う事に、一体何の意味があるのか」と質問したところ、自民党帆足市議は「今後のPFI事業の適正な事務・事業執行の参考にするため」と答えています。

 この議案については、自民党内でも、可決成立させたい大宮・与野の議員と、凍結すべしという主に浦和・岩槻の議員との間で亀裂が生じ一時内紛状態に陥ったという話もあります。

 結局6月16日の本会議で、3件の議案は民進党と公明党、それに自民党の一部(賛成11、反対1、退席10)の賛成をもって可決されました。
 それにしても、何というデタラメぶり。さいたま市議会に、吉田一郎議員以外に大宮のことを真剣に考えてくれる議員がいないことが残念でなりません。


【関連リンク】
吉田一郎 市政レポート 2016年8月特別号

YouTube
違法な入札だと判明しても、可決したらそれでOK?さいたま市議会

さいたま市HP
大宮区役所新庁舎整備事業の落札事業者が決定しました。

大宮区役所新庁舎整備事業の特定事業(PFI事業)契約を締結しました。

2016年4月27日 建設通信新聞
さいたま市PFI大宮区役所新庁舎/大成グループの落札額183億

スポンサーサイト

編集 / 2016.09.04 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑

大宮区役所移転問題(前編)

カテゴリ: 旧大宮市役所移転問題

 さいたま市は平成28年6月17日、大宮区役所新庁舎整備事業(旧大宮市役所の移転建て替え)のPFI事業契約を、(※)大宮クロスポイント株式会社と結びました。
契約金額は197億円(うち建築費137億円)。これにより、合併から15年放置され続けた、旧大宮の開発にも予算がついて、悲願である大宮駅東口の再開発にも弾みがつくと期待され、一見喜ばしいニュースに思えます。しかし、その裏側には実に様々な問題が隠されていたことが明らかになりました。

 ①大宮駅から南に大きく遠ざかる
 現在の大宮区役所は大宮駅から600mと歩いても苦もない距離にありますが、新しい建設地は市民会館おおみやの向かい側、現在の県大宮合同庁舎があるところ(吉敷町1-124)になります。大宮駅からの距離は1.3km、現在地の倍以上距離があり、お年寄りなど交通弱者が不便をする事は明白です。

 ②大宮図書館との統廃合
 さいたま市では「公共施設マネジメント計画」を基に、市内の公民館や図書館など公共施設の統廃合を進め、全体で15%の削減を目指しています。新しい区役所に統合されることとなった大宮図書館も例外ではありません。延床面積で現在の35212㎡から約25002㎡へ3割縮小し、北浦和や桜区の図書館よりも小さくなるという惨状です。
 また、新築される区役所の建物は6階建となります。現在の区役所に比べて、大きくなる印象を持つ方もいるかも知れませんが、さいたま市の南の外れにある複合公共施設「サウスピア」(南区役所 2013年オープン)は10階建てです。大宮のシンボル的存在であった旧大宮市役所の建て替えにしては、あまりにぞんざいな扱いといわざるを得ません。

 ③図書館の指定管理者制度導入
 大宮図書館の移転に際して、清水市政は指定管理者制度を導入し、図書館の運営を20年契約で業者に任せることになっています。
 さいたま市教育委員会は2014年に策定した『図書館ビジョン』で、「指定管理者の導入は行わないことが望ましい」と答申していましたが、業者と手を組みたい清水市長の意向に屈した形です。
 指定管理者制度を導入した他市では、「売れ残りの古い本が大量購入された」「タイの風俗店案内が蔵書に入った」などの問題が相次いでいます。
 また、佐賀県武雄市の図書館では、郷土資料や新聞縮刷版など5506点の史料を「貸出実績が少ない」を理由に指定管理者が勝手に廃棄してしまったというとんでもない事態も発生しています。
 大宮図書館は市内で唯一、戦前からある図書館で、郷土資料、旧大宮市の行政資料、明治以来の新聞バックナンバーが置かれています。
 大宮の貴重な資料を、間違いなく守ることができるのでしょうか。


そして、新たに発覚した大きな問題
 ④大宮区役所新庁舎整備事業の入札疑惑

と、ここまで書いて、今回の記事の文量が想像以上に増えていることに気付きました。
つづきは次回。なるべく早くアップしたいと思っています。


(※)大宮クロスポイント株式会社
大宮クロスポイント株式会社は、落札者である大成建設グループの構成員が出資し、設立したSPC(特別目的会社)


【関連リンク】
吉田一郎 市政レポート 2016年8月特別号

YouTube
違法な入札だと判明しても、可決したらそれでOK?さいたま市議会

さいたま市HP
大宮区役所新庁舎整備事業の落札事業者が決定しました。

大宮区役所新庁舎整備事業の特定事業(PFI事業)契約を締結しました。

2016年4月27日 建設通信新聞
さいたま市PFI大宮区役所新庁舎/大成グループの落札額183億

編集 / 2016.08.27 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑

旧大宮市役所移転に伴う土地交換議案可決 附帯決議に地下鉄延伸!?

カテゴリ: 旧大宮市役所移転問題

7月11日に閉会した埼玉県議会6月定例会において、第100号議案「財産の交換について((さいたま市大宮区吉敷町1丁目124番1内土地とさいたま市大宮区下町3丁目8番3土地)」は可決になりました。
これは、大宮駅東口周辺の再開発や旧大宮市役所の移転・建て替え計画に伴う、県大宮合同庁舎と大宮区役所別館の敷地を交換するというものです。
大宮駅東口の再開発は、大宮市時代から市民の悲願であり、また、老朽化した旧市役所は耐震性に問題があり、その対策は喫緊の課題でした。

移転のための土地交換は、1年半以上前に県と市で合意していました。にもかかわらず、昨年五月のさいたま市長選挙に、前自民県議の長沼威氏を市長候補に擁立した関係で、選挙の争点である大宮駅東口再開発を現職清水氏の手柄とさせないために、自民県議団が議会提案先延ばしを画策したという経緯がありました。
このことは、当ブログでも以前紹介しました。http://5th5th.blog.fc2.com/blog-entry-72.html

今回可決した、土地交換議案の賛成条件として自民党県議団は、なんとあの赤字の地下鉄「7号線延伸等による交通インフラを強化」という附帯決議を押しつけてきました。

移転議案とまったく関係のない7号線延伸を強引に結びつけ、市議会にも共同歩調を強いたことに対し、党内外から批判、疑問の声が上がっています。

地下鉄7号線(埼玉高速鉄道)の問題については、これまで幾度か取り上げてきましたが、次回はその現状について書きたいと思います。

【関連リンク】
大宮区役所移転:県、市議会とも可決 土地交換議案、東口再開発前進へ /埼玉

平成26年6月定例会「総務県民生活委員長報告」

編集 / 2014.09.05 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑

県とさいたま市 旧大宮市役所移転で土地交換

カテゴリ: 旧大宮市役所移転問題

2014年6月19日付 読売新聞
さいたま市長 県会に異例のお願い 区役所移転で土地交換
 さいたま市の清水勇人市長は18日、大宮区役所移転に伴う市と県の土地交換について、「市議会ではあるが、県議会の皆様に理解いただいて議決を賜りたい」と市議会定例会で異例の〝お願い〟をした。
 青羽健仁市議が「県議会に対して強い決意を表すべきだと思う」と質問。清水市長は「万が一、議決いただけないと大宮駅東口周辺の街づくりにも影響が出る」などと述べた。
 土地交換の議案は県議会の審議日程に合わせて審査などを進めるため、市議会定例会の会期を7日間延長して7月11日までとすることが決まった。
 市と県が交換を予定しているのは、大宮区役所分庁舎用地と約300㍍離れた県大宮合同庁舎用地。市は土地を交換するほかに評価額に差があることから、差額分13億4673万円を県に支払う。市と県の議会の議決を経て正式に契約する。



 上記記事を読んだとき、内容がいまいち呑み込めませんでした。特に「市議会ではあるが…議決を賜りたい」の部分では、市長が県議会を訪問して頭を下げたりするのだろうか?などと疑問に思ってしまいました。
 そこで、市議会の動画が録画配信されるのを待ち実際のやりとりを観てみると、記事中の「異例の〝お願い〟」という表現は少々大げさであったように思います。ただし、県と市の土地を交換する議案が、県議会で否決されるかも知れないと言う不安は市長や執行部に少なからずあるようです。

大宮区役所の移転 前進 さいたま市と県、土地交換へ
市長選でしこり 議決なお曲折も
 区役所の移転は大宮駅東口再開発の目玉の一つ。県と市が用地交換で合意してから1年半経つが、事業はこれまで全く動かなかった。市長選のあおりを受けて移転事業が棚上げされたため、と関係者は受けとめる。
 問題は1年前の市長選にさかのぼる。再選をめざす清水勇人市長に対し、自民は対抗馬を擁立。東口再開発は争点の一つに浮上した。「用地交換が決まれば、再開発は加速し現職の手柄になる」。選挙中にそんな懸念が広がり、自民は県に対し、議会提案の先延ばしを画策したとされる。
 選挙で清水氏が勝つと、自民側はさらに態度を硬化させた。「軟化の兆しはなく、県と市がそろって議案を提出するタイミングがなかなか見つからなかった」と県幹部の一人は明かす。
 転機は今年3月だった。早期の移転を求める地元の声も無視できず、自民県議団と市議団が、東口の再開発で協力することで一致。県と市は議案を提出する環境が整ったと判断し、5月初めに事業の円滑な遂行に向け合意文書を交わしていた。
 議案提出は決まった。とはいえ、自民県議団には「県と市から東口の街づくりの青写真が示されていない」と反発する声が依然ある。議決にはなお曲折も予想される。 【2014年6月5日付 朝日新聞】 


 大宮市時代から、大宮駅東口の再開発は地元のみならず、旧大宮地区住民の悲願です。また、旧大宮市役所の耐震化も(その方法は別にして)急務であると認識しています。
 動画中の青羽健仁市議(浦和区選出)の発言にもありますが、県下最大の商都大宮は(埼玉県の)経済の中心です。大宮の再開発の計画がこれ以上遅れると言うことは当然、県の財政にも影響が出るに違いありません。
 一体、誰のための区役所移転なのか? 何のための東口再開発なのか?
 この移転計画を政争の具にする自民党、なかでも県議団は思い違いをしているとしか思えません。


【関連リンク】
県合同庁舎跡に移転へ さいたま市大宮区役所
6月7日付 東京新聞/TOKYO Web

大宮区役所移転 整備費に15億円
6月27日付 朝日新聞DIGITAL

20140619読売新聞 さいたま市長 県会に異例のお願い 20140605朝日新聞 大宮区役所移転 前進

編集 / 2014.06.28 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑

 HOME 

プロフィール

五代目

Author:五代目



吉田一郎議員を勝手に応援するサイト yosidaichiro.web.fc2.com
twitter アカウント
五代目 @tamotsu_the_5th
facebook
Tamotsu Fifth(五代目)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

アクセスカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。