スポンサーサイト

カテゴリ: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑

ニューシャトルの無料市営駐輪場 10月1日より一気に一日200円へ!

カテゴリ: 自転車関連

 いよいよ夏休みも終わろうという8月30日、さいたま市ではプレミアム商品券の販売が行われました。これは、1万3000円分の商品券(1000円券×10枚 500円券×6枚) 1セットを1万円で販売するというもので、一度に5セットまで購入することができました。
 販売場所は各区役所などの他に、商店会や大型商業施設でも販売が行われました。これは、購入者を拡散し、購入の際の混雑・混乱を避けることが目的であったと想像します。
 しかし、販売方法(整理券配付の有無やその配付時間など)を役所側で統一せず、またアナウンスも不足だったため、各販売所ではかなりの混乱がありました。なかでも、見沼区役所では、商品券を購入できなかった方が、暴行問題をおこし警察が出動する事態があったと聞きます。
 このような販売方法で果たして本当に必要な人の元に商品券が届いたかは、甚だ疑問です。
 この類いの商品券を販売したのは、さいたま市になって初めてのことではありません。5年前の2010年にも行われました。その時の経験を活かさず、毎度同じような不手際を繰り返すさいたま市。知人の言葉を借りれば〝ある意味 期待を裏切らない凄さ〟を感じます。これぞまさにさいたまクオリティって奴でしょうか。

 そもそも、今回の商品券然り、消費増税の臨時福祉給付金然り、このようなバラマキ施策を見る度に、集めた税金をコストをかけて返金するくらいなら、はじめから所得税減税をするなり、消費税の税率を見直すなりする事が本筋であると思います。


 さて本題。さいたま市議 吉田一郎さんの市政レポート最新号〝8月特別号〟が、この8月下旬に配付されたようです。
 〝ようです〟というのは、実は私の家には今回、何故か配達されなかったためです。そこで私は、吉田氏のHPからレポートのPDFをダウンロードしてテキスト化を試みました。
 そんな市政レポートの記事の中から、北区民にとって身近な話題を引用して紹介します。 



ニューシャトル各駅の市営駐輪場が有料化
えっ! 他駅よりも高額料金!?
 清水市政は10月1日から、これまで無料だった加茂宮・東宮原・今羽・吉野原のニューシャトル駅前にある市営駐輪場を有料化しようとしています。
 所管の自転車まちづくり推進課は、6月の時点では「料金は1日120円を予定」と説明していましたが、その後「10時間ごとに100円」に変更しました。
 通勤などで朝から夜まで停めれば、200円かかることになり、有料化直前に大幅引き上げされた形です。
 清水市政は有料化の理由を、「他の駅利用者との公平性」としています。
 しかし、他の駅前の市営駐輪場は1日単位の料金で、朝から夜まで停めても90~150円です。
 そもそも東京まで行く場合、JRの駅なら駐輪料金+JR運賃で済みますが、ニューシャトル各駅の場合は、駐輪料金+ニューシャトル運賃+大宮からのJR運賃が必要で、利用者の負担はより重くなります。
 コンサル会社の利益
 優先し料金別体系に

 ニューシャトルの各駅は料金体系が異なる理由は、「コミュニティサイクル」という貸自転車も同時に始めるからです。
 コミュニティサイクルは「自転車のまちづくり」をウリにしたい清水市長が力を入れている事業ですが、実際にはコンサルタント会社などに経営を任せ、駐輪料金もコンサルタント会社の利益を見ながら決めます。
 同様にコミュニティサイクルを併設している大宮駅東口の南側の駐輪場も、料金は6時間ごとに100円(ただし2時間以内は無料)と料金が高いうえ、コミュニティサイクルを始めてから駐輪スペースが狭くなり、駐輪の順番待ちの行列ができています。
 コンサルタント会社の利益のために、自分の自転車を利用する市民が犠牲になっているのが現状です。
 大宮市の支援策やめ
 岩槻地下鉄には補助

 これまでニューシャトルの市営駐輪場が無料だったのは、「ニューシャトルに対する経営支援」という目的があったからです。
 ニューシャトルは新幹線建設の見返りとして、83年に開通しました。
 第三セクターによる新交通システムは、多くが赤字経営ですが、ニューシャトルは県が沿線に高校や病院を建設し、大宮市は駐輪場を無料にして乗客誘致を図った結果、13年度までに累積赤字を解消しました。
 清水市政は採算の目途が立たない岩槻への地下鉄建設に向けては、ほとんど利用者がいない浦和美園~岩槻の快速バス運行など各種事業に、今年度7600万円もの補助金を注ぎ込みながら、ニューシャトルに対しては大宮市時代からの支援を打ち切るのでは、トンでもありません。

 大宮北部では合併以来、病院や警察署が奪われたうえ、市営駐輪場が割増料金になるのは納得できません。
 私は所管の自転車まちづくり推進課に対して、有料化計画の見直しや、有料化するのならニューシャトルとの乗り継ぎ割引を導入するよう申し入れています。

      市営駐輪場の料金 (1日)
 大宮駅  110~130円   東大宮駅  150円
 北大宮駅   120円    新都心駅  90円
 宮原駅  90~120円    与野駅   110円
 土呂駅    110円    与野本町駅  110円
 日進駅    120円    南与野駅  110円
 指扇駅    120円    北浦和駅  110円
 大和田駅   110円    浦和駅   130円
 武蔵浦和駅   150円
 ニューシャトル各駅100円 (10時間以上は200円)


ニューシャトル駐輪場告知看板2 ニューシャトル駐輪場告知看板7
ニューシャトル駐輪場告知看板1 ニューシャトル駐輪場告知看板5 ニューシャトル駐輪場告知看板3

 ただでさえ高いと言われるニューシャトルの運賃。私の最寄り駅である東宮原から大宮までは、切符で片道220円。定期でも1ヶ月9,040円、3ヶ月でも25,770円です。このうえ、駐輪場の有料化で一時利用なら10時間ごとに100円、定期でも一ヶ月2,480円かかる事になり、大変な負担増です。

 最近行政は「仕事を民間に投げれば、全て丸く収まる」と思っているフシがありますが、勿論そんなことはありません。
 駐輪場有料化の本当の理由が市政レポートにもあるように、清水市長の注力している事業『コミュニティサイクル』を運営している会社の損失補填ということでは、とても納得できるものではありません。

【関連リンク】
『吉田一郎 』バックナンバー(2014年以降)

吉田一郎市議を勝手に応援するサイト
市政レポート 2015年8月特別号


2015年さいたま市プレミアム付商品券 ~楽しみ広がるお買い物~


ニューシャトル運賃表
スポンサーサイト

編集 / 2015.08.31 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑

自転車の街づくり推進 自転車通行帯整備計画

カテゴリ: 自転車関連

 1月10日付の読売新聞によれば、さいたま市は10年以内に200㎞の自転車通行帯の整備を計画していて、14年度は大宮駅周辺などに15㎞分(事業費は約2億8400万円)を見込んでいるといいます。

〈関連記事〉
自転車通行帯、大宮駅周辺など15キロ 予算査定
(2014年1月10日付 読売新聞)

千葉の自転車通行帯
自転車通行帯(千葉県)

 ノーマイカー社会を目指しているさいたま市が、エコで健康増進にも役立つ自転車利用を促し、利用者の安全のために自転車通行帯を整備することに自分は賛同します。
 ただ、現在とは真逆のやりとりが、さいたま市のHP上で交わされてた事を見つけたので紹介します。




平成24年度に寄せられた提案とその回答
から項目の 4.都市基盤・交通(平成24年6月分)

4.自転車通行帯の整備について

 【提案内容】(市民から)
自転車と自動車が近距離で通行することは危険ですので、自転車通行帯を幅広く整備して欲しいです。


 【回 答】
自転車通行帯の整備についてですが、道路幅員には限りがあり、既存の道路区域内で自転車通行帯を設置することは物理的な限界があります。また、道路全体の幅を拡げることができれば、自転車通行帯を幅広く整備できるようになりますが、新たな道路用地の取得には沿線地権者の協力のほか、多大な費用と期間を必要としますので、早急な対策が困難となります。
 現在、国土交通省と警察庁において自転車通行環境のガイドラインを作成しており、今夏に完成する予定となっております。本市では、このガイドラインを受けて、自転車ネットワークや自転車通行環境の整備手法等の検討を行う予定としておりますことから、今回いただいたご意見は今後の検討の参考とさせていただきます。

(担  当) 道路環境課
(回答日) 平成24年6月29日




 わずが1年半の間にここまで考え方が変わったのことには、何か原因があるのでしょうか。とても興味があります。
 埼玉県が一人あたりの自転車保有数全国1位という事もあってか県と、さいたま市は自転車に関する施策やイベントを行っています。

①さいたま市コミュニティサイクル
②ヘルメットの着用を求める市条例を検討
③さいたまクリテリウム
④埼玉サイクルエキスポ2014
⑤西来る(サイクル)フェスタ

編集 / 2014.01.12 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑

さいたまクリテリウム

カテゴリ: 自転車関連

 2013年10月26日、さいたま新都心周辺で開催された自転車のイベント〝さいたまクリテリウム by ツールドフランス〟。「ツール・ド・フランス」の名を冠した世界初の公式クリテリウムレース。来年以降の開催も検討されている。しかし、杜撰な計画や運営の為、総事業費が当初予定額の3億5千万円から約2億円以上も大幅に増加したことが問題になり、いまだ解決に至っていない。

〈当ブログの関連記事〉
http://5th5th.blog.fc2.com/blog-category-1.html

編集 / 2014.01.11 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑

ヘルメットの着用を求める市条例を検討

カテゴリ: 自転車関連

自転車利用ヘルメット着用を」さいたま市、条例で努力義務化検討へ
(2013年8月3日付 東京新聞東京新聞)

さいたま市は、自転車を利用する市民に対し、ヘルメットの着用を求めることなどを盛り込んだ市条例の制定を検討する。自転車の人身交通事故が市内で多発しているのを受け、県警が、ヘルメット着用の努力義務化を市に提案した。市の担当者は「ほかの自治体の条例を参考にしながら、県や県警と連携して検討したい」と話している。 (増田紗苗)
 県警によると、全国では東京都と愛媛県が、自転車利用者にヘルメット着用を求めることを盛り込んだ都・県条例を制定し、いずれも先月一日に施行された。両条例とも、未着用でも罰則は設けない努力義務とした。

 一方で埼玉県は、「自転車の安全な利用の促進に関する条例」を昨年四月に施行。ヘルメット着用については、高齢者や子ども(十三歳未満)が自転車に乗る際にヘルメット着用を助言・教育するよう、保護者や家族に求める努力義務規定を盛り込んだ。ただ、ほかの自転車利用者は対象としていない。

 県警によると、昨年に県内で発生した自転車事故による死傷者は一万九百二十人。うち中学生の死傷者は六百四十二人で前年より12・3%減ったが、さいたま市では百二十八人と前年より8・5%増えた。今年一~六月の死傷者は県内で四千八百十三人(前年同期比百九十五人減)、さいたま市で九百六十一人(同四十人減)。
 県警は先月二十九日、さいたま市の清水勇人市長ら市幹部との会合で、ヘルメット着用の努力義務規定などを盛り込んだ市条例の制定を提案した。出席した金山泰介県警本部長は、「市民が自転車を安全に利用するためにはルールづくりが必要だ」と指摘した。

 さいたま市では十月二十六日、世界最高峰の自転車レース「ツール・ド・フランス」の名を冠した世界初の自転車競技イベントが開催される。今後、自転車への関心の高まりとともに利用者も増えるとみられ、市の担当者も「ヘルメットの着用が習慣となるようなルールづくりは必要だ」と話している。

編集 / 2014.01.11 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑

さいたま市コミュニティサイクル

カテゴリ: 自転車関連

コミュニティサイクルとは、従来のレンタサイクルとは異なり、複数のサイクルポートで24時間いつでも自転車を借りたり返したりできる自転車共有システム。
http://www.city.saitama.jp/001/010/006/p022678.html
http://saitama-cycle.jp/
さいたま市では「自動車に過度に依存しない交通体系の実現」を目的として、さいたま市コミュニティサイクル事業を2013年5月3日より市内4箇所(大宮駅西口、与野本町駅、三橋総合公園、大宮盆栽美術館)で先行スタート。その後、利用状況や市民の意見を踏まえながら、段階的に20箇所程度まで規模を拡大する予定。保有自転車台数は当初70台で、200台まで順次追加していく。

・定期利用2500円/月、最大120時間利用可
・一時利用100円/最初の30分、以後1時間ごとに100円加算
・1日500円
※SuicaまたはPASMOが必要、会員登録無料
利用手続きはこちら http://saitama-cycle.jp

編集 / 2014.01.11 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑

 HOME  >>Next

プロフィール

五代目

Author:五代目



吉田一郎議員を勝手に応援するサイト yosidaichiro.web.fc2.com
twitter アカウント
五代目 @tamotsu_the_5th
facebook
Tamotsu Fifth(五代目)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

アクセスカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。