スポンサーサイト

カテゴリ: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑

「週刊読書人」で対談した二人が「おとこラジオ」で激突(後編)

カテゴリ: おとこラジオ

 先週に引き続き、2013年11月15日放送のFM NACK5(79.5MHz)『おとこラジオ』に飛び地研究家で元さいたま市議の吉田一郎さんとノンフィクション作家の高野秀行さんがゲスト出演しました。


外国で体験した強烈な宴会

  吉田さん
 高校1年生の夏休み、当時カンボジアはポルポト政権が滅んで内戦になっていた。興味があって訪れたカンボジアとの国境にあるタイのアランヤプラテート。バンコクからアランヤプラテートの駅まで列車で行って国境まで歩いた。国境でタイの国境警備兵に「それ以上行ってはダメだよ、帰りなさい」と止められた。するとなぜか警備兵がぞろぞろとついてくる。はじめは、きちんと帰るか監視をしているとか思っていたが、途中の屋台で呼び止められて引き込まれた。警備兵達は料理やビールを注文し宴会を始め、吉田さんも酒を呑まされ、結局支払いまで持つ羽目に。当時15歳の吉田少年は酔っぱらって、どうやってバンコクに帰ったかも憶えてないという。


  高野さん
 3年くらい前に行ったブータンの奥地、ブロクパという遊牧民の村。雰囲気の暗い村で、何を聞いてもよく知らないと答えてくれない。
 この村には客が訪れると夜、女性が続々と焼酎の入った瓶やポットを手に集まってきて、客が酔い潰れるまでもてなす習慣があるという。高野さん達はあまりの量の多さに驚き「寒くてこんなに呑めない」というと酒を鍋に空けて熱燗にしてくれた。そして「ドゥン ドゥン」(おかわり)と酒を勧められ呑んでいるうちに、暗い雰囲気だった村人もだんだん陽気になって歌い出し、乱痴気騒ぎになった。酔い潰されて何があるわけではないが、最後は客がお礼にお金を払わなければいけないという恐ろしい宴会である。


吉田さんから高野さんに行ってもらいたい国
 内戦や生命の危険のあるところは控えて、次はちょっと安全に過ごせる場所を見てきて頂きたいと思った。その国は〝ナウル〟南太平洋の島国人口が何千人かの小さな国だが、この国はつい最近まで世界一のお金持ちの国だった。南太平洋のど真ん中にあって周りに島がない。だから渡り鳥が太平洋を横断するときにこの島でウンコをして次に飛んで行く。それが何万年も積み重なってリン鉱石になっている。肥料になるリンを採掘して何十年間も世界で一番豊かな国だった。ところが掘り尽くしてしまって、国ごと行方不明になっちゃった。
 リンを掘り尽くした後、収入のために国が難民の受け入れをして国連から金をもらおうと計画したが暴動が起きて、島の国際通信の基地が破壊されたために国ごと他所の国と連絡がとれなくなった。そんな中、病気治療でアメリカに行っていた大統領もそのまま死んでしまって誰がトップかもわからない。その後オーストラリアの船が行ってどうにか新しい大統領に会ったという話もある。
 是非高野さんに〝ナウル〟が今どうなっているのか確認してきて頂きたい。



吉田一郎 氏 プロフィール

1963年(昭和38年)11月3日生まれ。50歳
若竹幼稚園、東大成小、植竹中、上尾高校卒。
法政大学社会学部応用経済学科卒。
早稲田大学大学院修士(国際関係学専攻)。
『HongKong Post』記者、月刊『香港通信』編集長、日刊『香港ビジネスポスト』編集長を経て、2007年からさいたま市議(3期)
2013年さいたま市長選挙に出馬。53,513票を獲得。更に北区では 20,370票とトップの得票数であったが、善戦虚しく落選。現在の肩書きは無職 フリージャーナリスト。一市民の立場から清水市政を徹底追求!

主な著書
『消滅した国々』 社会評論社 2012
『国マニア』(ちくま文庫) 筑摩書房 2010
『国境線の謎がわかる本』(監修) 大和書房2008
『世界飛び地大全』 社会評論社 2006
『国マニア』 交通新聞社 2005
『九龍城探訪 魔窟で暮らす人々 -City of Darkness-』(監修)イーストプレス 2004
『中国アナーキー』 アスペクト 1998
『香港的秘密』 アスキー 1997
『香港街伝』 徳間書店 1997

更に詳しくは
本家HPまたは
吉田一郎さんを勝手に応援するサイト をご覧ください
スポンサーサイト

編集 / 2013.11.21 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑

平成の大合併による行財政の効率化に暗雲

カテゴリ: 時事問題

 一週間も前の記事ですが、2013年11月10日付 読売新聞の1面に〝地方交付税 合併自治体加算を存続〟と言う記事が載りました。
 政府は「平成の大合併」で誕生した自治体に加算していた地方交付税の特例(下図参照)を見直し、新たな基準を来年度から導入します。これは、合併16年目で特例措置の終了を迎えることにより、多くの自治体が財政危機に陥るおそれがあることに配慮しての新方針です。

地方交付税の特例の仕組み
 
 スリム化遅れ 交付税に依存 2013年11月10日付 読売新聞
 地方交付税の特例は、合併後ただちにコスト削減を行うのが難しく、交付税をそのまま減額すれば合併が進まなくなることに配慮した措置だった。
 合併した地方自治体は本来なら、規模効果を生かして特例期間中にコスト削減を進める必要があったが、多くは合併のもう一つの恩典として認められた合併特例債を発行して「ハコモノ」整備を進めた。
 その行政のスリム化は、思うように進んでいない自治体が目立つ。多くが老朽化した公共施設の維持管理費にも悩まされている。政府が合併自治体に配慮して交付税を増額するのは、特例の終了が、財政危機の「時限爆弾」になりかねない事態であるためだ。
 ただ、増額の継続に寄りかかるだけの自治体を増やしては、合併の意義は損なわれる。行政サービスの低下を防ぎつつ、行革を進めさせる制度改正が求められている。


 合併前の大宮市は県内でも数少ない地方交付税不交付の健全財政でした。(岩槻・浦和・与野は交付団体)合併してさいたま市となった当初は不交付団体でしたが、現在は交付税を受けています。
 また、合併による行財政のスリム化は、職員の数こそ削減に成功したものの残業代がかさみ、総人件費は合併前と変わらないというお粗末な結果となっています。合併から12年。政令指定都市となって10年が経過した今、その成果を検証するべき時なのではないでしょうか。

編集 / 2013.11.17 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑

「週刊読書人」で対談した二人が「おとこラジオ」で激突(前編)

カテゴリ: おとこラジオ

2013年11月8日放送のFM NACK5(79.5MHz)『おとこラジオ』に飛び地研究家で元さいたま市議の吉田一郎さんとノンフィクション作家の高野秀行さんがゲスト出演しました。

 番組のツイッターから


高野さんが講談社ノンフィクション賞を受賞した『謎の独立国家ソマリランド』を執筆するきっかけとなったのが吉田さんの『国マニア』

高野さんが実際にソマリランドへ行って、文献や現地の人に話を聞く中で『国マニア』のソマリランドについての記述に間違いと呼べるものがほとんどなかったこと。文献だけで調べて正確な記事が書けるって凄い話ですよね。(吉田さんは実際にはソマリランドに行ったことはない)玉石混淆の情報の中から正しいものを拾ってくる眼力は凄いなと思うと吉田さんを絶賛。


続いて番組のコーナーから
外国で出会った強烈なキャラクターの人物 BEST3(吉田氏編)



 第3位:10数年前にフィリピンに10日ほど行ったときに、半分くらいずっとつきまとっていた人がいて、おそらく〝ポン引き〟だと思う。マニラの街を歩いていたら、〝ベルジン ベルジン〟ってつぶやきながら追いかけてくる。どうやらバージンの意味らしい。相手にしないでホテルに逃げ帰ったら、朝から待っていて、またずっと追いかけてくる。そのうちに、マニラや郊外の観光地をその人に案内してもらうことに。(お礼に)昼飯くらいご馳走していたら、途中から逆におごられるようになった。これは絶対に罠があると思ったが、結局最後まで何もなくおごるよりもおごられる方が多かった。フィリピンのポン引きには気のいい奴がいると思い、フィリピンを見直した。

 第2位:香港の新聞社にいたときに非常にお世話になった、リー先生という人。今で言うニートで仕事もしないでブラブラしている。この人は日本オタクで度々会社に乗り込んできては、秋葉原がアキバハラでないのは何故ですか? というような質問をずっとしてくる。また、その人は何度か日本に来ていて、知床に行ったというので理由を尋ねると〝知床旅情〟を歌い出すという有様。
 中国語などに詳しい逆の立場の吉田さんとしてはこういう風になっちゃよくないなと、反面教師としていろいろ勉強させてもらった人物。

 栄えある第1位:カンボジア国籍の男性で元は日本人。カンボジアで商売するためにカンボジア人になった。日本でバブルが崩壊した頃、「次はカンボジアだ!」とドンと凄い計画をその人はやろうとしていた。例えば、首都のプノンペンに流れるメコン川の中州に大都市を築く。その為に日本から銀行関係者を呼び寄せたりした。次に考えたのが、アンコールワットを買収し電気自動車を走らせ、テーマパークにする計画。どう考えてもはったりとしか思えないが、シアヌーク国王に取り入っていて、吉田さんも誘われてシアヌークの王女様と宮殿近くのホテルで食事をしたこともあるという。
 その後、カンボジアに見切りを付けたその人は、中国に渡り「今度はゴルフ場だ」と言っていたようだが、結局最後は行方不明になった。
 国籍を取ってまで、現地で仕事をするたくましい人がいると感心し、日本を見直した。




 話し言葉を文字に置き換える作業は、文章力のない自分にとって至難の業です。番組の雰囲気が伝わらなかったのではないかと思いますが、お二人の共演は次回も続きます。(11月15日24時放送)。今回聴いた方も、聴き逃した方も是非お楽しみに!



高野秀行 氏 プロフィール

高野秀行(たかの・ひでゆき)
1966年、東京都八王子市生まれ。ノンフィクション作家。
早稲田大学探検部在籍時に書いた『幻獣ムベンベを追え』(集英社文庫)をきっかけに文筆活動を開始。
「誰も行かないところへ行き、誰もやらないことをやり、それを面白おかしく書く」がモットー。アジア、アフリカなどの辺境地をテーマとしたノンフィクションのほか、東京を舞台にしたエッセイや小説も多数発表している。
1992-93年にはタイ国立チェンマイ大学日本語科で、2008-09年には上智大学外国語学部で、それぞれ講師を務める。
主な著書に『アヘン王国潜入記』『巨流アマゾンを遡れ』『ミャンマーの柳生一族』『異国トーキョー漂流記』『アジア新聞屋台村』『腰痛探検家』(以上、集英社文庫)、『西南シルクロードは密林に消える』『怪獣記』(講談社文庫)、『イスラム飲酒紀行』(扶桑社)、『未来国家ブータン』(集英社)など。
『ワセダ三畳青春記』(集英社文庫)で第一回酒飲み書店員大賞を受賞。
『謎の独立国家ソマリランド』(本の雑誌社)で第35回講談社ノンフィクション賞を受賞。

編集 / 2013.11.13 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑

 HOME 

プロフィール

五代目

Author:五代目



吉田一郎議員を勝手に応援するサイト yosidaichiro.web.fc2.com
twitter アカウント
五代目 @tamotsu_the_5th
facebook
Tamotsu Fifth(五代目)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

アクセスカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。