スポンサーサイト

カテゴリ: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑

さいたま市議選2015現状分析:吉田一郎市政レポート2月特別号より

カテゴリ: 2015年 さいたま市議会選挙

少し前の話ですが、選挙権(投票できる年齢)を18歳に引き下げる法案が今国会で成立する見通しであると報道がありました。
世界的に見れば「18歳以上」に選挙権があるのは、約190の国や地域のうちおよそ90%にのぼるといいます。
国が選挙年齢を引き下げる狙いがどこにあるのかは分かりませんが、個人的には、若者が新しく手に入れた権利を行使すべく、投票所に向かう。それにつられて親世代も投票に行く。という新しい流れが起こるかも知れません。それによって投票率の引き上げに繋がることも考えられるのではないか、と思います。
しかし、徒に投票率だけ上げるというのは如何なものでしょうか。
「本来選挙は政策を戦わせるもの、選挙に興味・関心のない人が無理に投票しても、政策の違いなど知らず、候補者が女性だからとか、有名人だからといった理由で投票してしまう。それでは意味がない」これは、2年前のさいたま市長選挙の時、候補者であった吉田一郎氏の言葉です。
国政に限った話ではありませんが、是非有権者のひとりひとりが政治の中身に興味を持ち、投票所に足を運ぶようになる施策を考え、実行して頂きたく思います。

さて、この4月には統一地方選挙(4/12,26)が行われます。私の住む地域でも、さいたま市議会議員及び県議会議員選挙があり、1ヶ月後には告示日となります。
世間一般では、まだまだ選挙が近いという雰囲気は感じられないかも知れませんが、水面下では既に様々な動きが活発に行われています。
当ブログで紹介した方達も、出馬に向けて本格的に活動をしている様子です。
以下は、さいたま市議選の動向について、吉田一郎市政レポートから引用して紹介します。



さいたま市議選2015現状分析
北区は無風どころか無投票?
 さいたま市議選は4月3日告示、12日投票です。今回は出馬に向けて活動している人が少なく、特に北区は市議選も県議選も無投票だと言われています。
 これは、前回候補者を多く擁立した民主は勢いがなくなり、みんなの党は解党したこと、そして合併以来3回の市議選で、組織的な支援なしで当選した無所属新人は吉田一郎1人だけという厳しい現実があり、無所属で当選を目指す人もガタ減りしたためです。
 私はこれまで一匹狼で活動してきましたが、今回は一昨年の市長選から活動を共にしている無所属仲間が何人か立候補する予定で、応援をしています。
【西 区】
弔い合戦で2議席狙う自民に共産恐々
 自民の稲川晴彦が今年1月に逝去し、妻の稲川智美が急きょ出馬へ。新人の金井康博とともに2議席獲得を狙う。共産の山城屋せきも引退し、新人の大塚武秀にバトンタッチ。民主と公明は現職が出馬へ。旧大宮市議で01年のさいたま市長選に出馬後、3回の市議選に落ちた高瀬広子も出馬の意向か。
【北 区】
市議選も県議選もダブル無投票に?
 出馬の動きがあるのは現職6人と、13年の市長選出馬で失職した無所属元職の吉田一郎(つまり私)だけ。一時期は維新の中川と幸福実現党の山野もチラシをまいていたが、前者は浦和区へ、後者は伊奈町へ鞍替え。県議も現職2人しか動きがなく、このままでは市議選・県議選ともども無投票の恐れ。
【大宮区】
「大宮独立」掲げる新人に現職警戒
 現職5人に加え、共産新人の山本悠子と、「浦和優先の予算配分」「政務活動費の不正使用」を私と一緒に批判する無所属新人の石川康仁が出馬へ向けて活動中。幸福実現党も桜木町に事務所をオープンし、候補者擁立の構えか。
【見沼区】
政党候補尻目に「大宮復権」訴える新人
 現職8人に加え、13年の補選で10,812票を獲得した共産新人の鳥羽恵と、国政に転じた公明の輿水の後継・斉藤健一が、それぞれ2議席奪還を狙う。「浦和優先の予算配分」「政務活動費の不正使用」を私と一緒に批判する無所属新人の窪田朝岳も活動を開始。他に保守系新人の出馬も噂され、激戦に。
【中央区】
政党から無所属へ転じる新人相次ぐ
 現職5人のうち自民の加藤得二が引退し、後継の井原隆が出馬へ。新人は前回民主公認で落選した山田ちづ子と、みんなの党で出るはずだった佐久間翔一が、無所属で出る見込み。保守系新人が出馬を断念。
【桜 区】
このまま無投票か
 現職5人のうち公明の高橋勝頼は引退し、後継の西沢鈴子が出馬へ。革新系新人が出馬を断念したため、このままでは無投票に。
【浦和区】
雪辱狙う共産元職と維新新人で激戦
 現職7人のうち自民長老の福島正道が引退し、後継の玉井哲夫(自民)が出馬へ。民主の原田は離党し無所属に。前回6票差に泣いた共産の元職・鳥海敏行と、北区で結いの党から出馬のはずが浦和区で維新に変わった新人の中川峻一も活動中。
【南 区】
政務活動費の廃止掲げた新人が登場
 現職9人がそろって出馬へ。みんなの党の解党で富田は無所属に。新人は「赤字の箱物・地下鉄建設」や「政務活動費の不正使用」を私と一緒に批判する無所属の川村準が活動中で、少数激戦に。前回に続き出馬に意欲を見せていた保守系新人の清宮喜三郎は、今回は断念した模様。
【緑 区】
自民後継に元浦和レッズ選手
 自民の武笠が引退。後継は石関洋臣と前回は県議選に出た都築竜太。共産の加川も引退し、後継は松村としお。無所属の新人は前回は県議選だった堤日出喜と安達敏夫で計8人が出馬の激戦か。
【岩槻区】
定数の倍くらい出馬で混戦?
 前回の選挙終盤に倒れ、リハビリしながら議会活動をしていた自民の井上が引退。後継の息子が無所属で出馬へ。自民は現職の江原と新人を公募。民主・公明は現職が出馬。無所属(社民推薦)の野呂は引退し、後継は社民の松本翔。共産は新人の大木学。前回「人形会館反対」を掲げてトップの北村は、公選法違反で辞職した後、裁判で公民権停止を短縮してもらい再出馬に意欲を見せていたが現状不明。他に3~4人が立候補説明会に出席し、計10人くらい出馬かも。


2011さいたま市議選結果
◆西区(定数4)
当 6,542 稲川晴彦 54 自民現
当 6,109 池田麻里 35 民主現
当 5,886 上三信彰 52 公明現
当 4,347 山城屋せき 62 共産元
  3,333 高瀬広子 53 みんな元
  2,065 掘本秀生 57 無所属新
  1,674 深谷 隆  61 無所属新

◆北区(定数7)
当 13,322 吉田一郎 47 無所属現
当 10,327 関根信明 52 自民現
当  5,791 武山広道 43 公明新
当  4,487 伊藤 仕  28 民主新→無所属
当 4,295 小川寿士 47 民主新
当 3,402 神田義行 59 共産現
当 2,852 伝田ひろみ 62 無所属現(改革)
   2,700 飯塚博之 39 無所属新
    452 常見龍太郎 35 無所属新

◆大宮区(定数5)
当 5,864 熊谷裕人 49 民主現
当 5,538 西山幸代 51 民主新
当 5,483 新藤信夫 60 自民現
当 4,981 宮沢則之 50 公明現
当 4,632 渋谷佳孝 38 自民新
   3,861 松本敏雄 64 無所属現
   2,984 小林直太 47 みんな新
   2,888 関口 正  57 共産新
   2,220 須田 悟  45 未来新

◆見沼区(定数8)
当 6,685 鶴崎敏康 61 自民現
当 6,515 中山欽哉 52 自民現
当 6,104 三神尊志 30 民主現
当 5,681 輿水恵一 49 公明現
当 5,338 小森谷優 52 公明現
当 4,613 武田和浩 50 民主新
当 4,328 細沼武彦 66 未来現(改革)
当 3,984 戸島義子 60 共産現
  3,388 吉山 悟  59 無所属元
  3,262 青柳伸二 63 共産現
  3,052 宮本英典 39 未来新
※輿水が辞職した後、補選で高子景(自民)

◆中央区(定数5)
当 5,326 井上伸一 45 公明現
当 4,794 高柳俊哉 49 民主現
当 4,791 中島隆一 66 自民現
当 4,512 加藤得二 64 自民現
当 4,458 山崎 章 61 共産現
   4,269 山田ちづ子 61 民主新
   2,262 藤田昌弘 45 無所属新
   1,912 佐藤秀雄 65 無所属新

◆桜区(定数5)
当 5,945 高橋勝頼 56 公明現
当 5,447 島崎 豊 41 自民新
当 4,637 土橋貞夫 58 無所属現→自民
当 4,599 阪本克己 51 民主規
当 4,190 久保美樹 47 共産新
  2,810 岡 成樹 46 無所属新
  1,363 池上敏治 31 無所属新
  1,151 飯島規之 44 無所属新

◆浦和区(定数7)
当 8,433 原田健太 44 民主現→無所属
当 5,373 青羽健仁 52 自民現
当 5,355 小柳嘉文 45 民主新
当 5,111 福島正道 78 自民現
当 4,944 帆足和之 52 自民元
当 4,783 谷中信人 43 公明新
当 4,697 添野ふみ子 62 無所属現(改革)
   4,691 鳥海敏行 62 共産現
   3,224 松崎良一 57 無所属元
   2,650 野上 潤 31 無所属新

◆南区(定数9)
当 6,587 松下壮一 48 公明新
当 5,879 冨田かおり 32 みんな新(改革)
当 4,977 桶本大輔 42 自民現
当 4,850 守谷千津子 59 共産新
当 4,834 浜口健司 40 民主新
当 4,805 土井裕之 39 無所属現(改革)
当 4,537 霜田紀子 70 自民現
当 4,485 野口吉明 64 自民現
当 4,430 萩原幸弘 56 自民現
   4,038 清宮喜三郎 43 無所属新
   3,249 丹羽宝宏 30 民主現
   2,248 秋本清一 57 無所属元
   2,176 佐野尚子 58 無所属新
   
◆緑区(定数5)
当 7,914 武笠光明 62 自民現
当 6,502 神崎 功  55 民主現
当 6,497 村松順子 63 無所属現(改革)
当 5,853 神坂達成 44 公明新
当 5,341 加川義光 60 共産現
  5,314 石田昌生 50 民主新

◆岩槻区(定数5)
当 9,423 北村隆幸 42 無所属現
当 6,627 吉田一志 41 公明新
当 5,802 井上洋平 64 自民現
当 5,282 江原大輔 39 自民新
当 4,460 野呂多美子 65 無所属現(改革)
操 2,795 高野秀樹 50 民主現
   2,436 末広慎二 31 民主新
   2,341 小宮秀介 33 みんな新
   1,898 横川庄一 55 共産新

未来=埼玉未来の会 改革=改革フォーラム




2年前の市長選挙に吉田氏が出馬したことについて、一部から〝蛮勇〟〝思い上がり〟などと、卑下する言葉が私の耳にも届いていました。
私自身も、このおかしなさいたま市政に、たった独りでブレーキを掛けていた吉田氏が議会からいなくなることに、大変危惧を持っていました。
しかし、彼の行動によって、議会では議論にさえならなかった、野田線と伊勢崎線の直通運転(通称:吉田プラン)も実現することとなりました。
そして市長選の仲間から、彼の意志に呼応して戦いの決意をした人が何人も現れたことは、真っ暗闇だった旧大宮地区、更にはさいたま市の未来にとっても明るい兆しであると心強く思います。

【関連リンク】
18歳選挙権、今国会成立へ 早ければ来夏の参院選から
2015年2月7日 朝日新聞デジタル

大宮を愛する会・会長
石川 やすひと(無所属) 公式サイト

さいたま変革の会 代表(無所属・無党派)
川村準 HP
スポンサーサイト

編集 / 2015.02.27 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑

吉田一郎市政レポート2015年2月特別号より〝宮原メディカルの跡地に盆栽の「保養所」!?〟

カテゴリ: さいたま・埼玉の議会・行政

先日『吉田一郎市政レポート』の2015年2月特別号が私の家に届きました。
このチラシは、ポスティング業者を通じて北区内に全戸配布されているそうです。
前回全戸配布された12月特別号、駅頭などで配布された号外(1月20日発行)と、吉田氏は毎月チラシを発行・配布しています。
議員時代、吉田氏は議会が開かれる度に特別号を発行してきましたが、それと同等以上のペースでレポートを発行しています。
これは、吉田氏のいない間に展開されるおかしな清水市政に「もう黙っていられない」という吉田氏のジャーナリズム魂の表れなのでしょう。

今回の2月特別号の記事に、私が吉田氏を応援するきっかけとなった〝宮原メディカルセンター(大宮医師会市民病院)移転と跡地利用問題〟について記事がありましたので、抜粋して紹介したいと思います。



宮原メディカルの跡地に盆栽の「保養所」!?
盆栽業界の後継者育成のために、市が盆栽アカデミー計画

 大宮医師会市民病院(宮原メディカルセンター)が閉鎖され、浦和との境へ市民医療センターとして移転して6年。
 さいたま市は跡地に医療や福祉の施設を建てるつもりはなく、防災公園になる予定ですが、清水市長は新たに盆栽アカデミーという「盆栽の保養所」を建設しようと画策していることが判明しました。 

 宮原メディカルセンターは、内科と小児科の24時間診療で、大宮住民の命を守って来た貴重な病院でした。
 自民・公明・民主・共産がこぞって閉鎖と移転に賛成する中で、ただ1人移転に反対した私は、オールナイト診療の継続を要求。小児科は大宮総合病院(さいたま北部医療センター)で継続されましたが、内科は中止になったままです。
 清水市長は2年前、跡地に、犬や猫などの夜間・休日診療を行う動物病院の建設を計画しました。
 私は2012年12月議会で、内科のオールナイト診療を復活させないまま、夜間診療の動物病院を建てる計画を批判したところ、計画は白紙になりましたが、清水市長はかわって盆栽アカデミーを建設しようとしています。

終夜診療復活させず
動物病院の次は盆栽

 栃木県の美術館から展示品の盆栽を5億円で購入した盆栽美術館は、約6000万円相当の盆栽が枯れてしまったうえ、毎年1億6000万円以上の赤字を出しています。
 しかし、清水市長は盆栽美術館に続いて、新たな盆栽関連の箱物を建てようと言うのです。
 大宮の盆栽村は、相続税の支払いや、産業としての活力低下、国内愛好家の減少などで、盆栽園はわずか6ヵ所に減少しました。
 盆栽園の現状では後継者の育成が難しいため、盆栽園の人材の育成や、盆栽を体系的に学べる場を提供することで盆栽愛好家を増やすことを目的に、市は16年度末までに盆栽アカデミーを設置しようとしています。
 当面は、盆栽美術館や周辺の公共施設を使って講座を開設する予定ですが、実技講習や盆栽美術館で展示する盆栽の保管や培養を行う場所として、新たな施設の建設も行う予定です。
 具体的な建設場所について、昨年7月9日の盆栽美術館運営委員会では、宮原メディカルセンター跡地をはじめ市有地3ヵ所を候補に挙げています。
枯れた盆栽「靖国」
 枯れた盆栽「靖国」

メディカルセンター跡地3 メディカルセンター跡地1 メディカルセンター跡地2
 公園整備の進む宮原メディカルセンター跡地


市民の施設は削減し
特定業界に公金投入

 大宮住民の命を守って来た病院を閉鎖して、浦和の方へ移し、内科のオールナイト診療は再開しようとしないうえに、その跡地に夜間診療の動物病院や、盆栽の保養所を建設するとは、大宮住民をこれほどまでに侮辱した行政はありません。
 そもそも、盆栽業界の人材育成や、盆栽を購入する愛好家を増やすための施設なら、盆栽の業界団体が建設すべきであって、さいたま市が特定業界の利益のために、税金を使って建設・運営すべきではありません。
 清水市政は「公共施設のマネジメント計画」を策定し、公民館や図書館、保育所、小中学校など、公共施設を統廃合して2割削減する方針を掲げています。そして氷川参道の大宮図書館を、大宮区役所とともに移転・統合して面積を3割縮小しようとしています。
 その一方で、盆栽や人形のための施設は『マネジメント計画』の対象外として、建設を認めるとしています。
 住民生活に不可欠な公共施設は縮小して、特定業界の利益につながる箱物は、市税を投入して建設を行うというやり方は、明らかに間違っています。

盆栽のセールスに1171万円
岩槻人形会館も再び着工を画策

 自民・公明・民主・共産が揃って賛成し、10年春に開館した大宮盆栽美術館。
 市は「盆栽村の既存の観光客に加えて、新たな観光客が年間15万~20万人増える」「経済効果は年間10億円」と説明していましたが、開館直前の10年2月議会で「年間入場者は5万人だが、5年後には12万人に増える」と、予測を大幅に下方修正しました。
 ところが実際の入場者数は5万人前後のまま低迷し、盆栽美術館での講座の参加者や小中学生の社会科見学を除くと、実質的には3万5千人足らず。そのうち観光客は、既存の観光客を合わせても数千人で、経済効果はゼロに等しい状況です。
 盆栽美術館の年間収入は1266万円、経費は1億7836万円(11年度)で、年間1億6570万円もの赤字を出しています。
 観光客が予測の10分の1以下で、経費が収入の14倍という大幅な赤字が続く状況では、もはや閉鎖を検討すべきですが、清水市政は逆に盆栽への税金投入を拡大しています。
 今年3月14日~22日には「大宮盆栽の輸出促進と観光客の誘致」を目的に、フランス・パリに大宮盆栽アンテナショップを開設しますが、さいたま国際観光協会を通じた費用は1171万8000円さらにべルギーとイタリアでも2日ずつ出店する費用は別です。
 このうえ盆栽村に6軒しかない盆栽業者の後継者育成のために盆栽アカデミーを建設しようとするなど、清水市政の特定の業界との癒着ぶりは異常です。


   盆栽美術館の年間入場者数
    市民・観光客  講座・学校 合計
2010年度 5万8353人   7210人 6万5563人
2011年度 3万9485人 1万0850人 5万0335人
2012年度 3万4829人 1万4570人 4万9399人
2013年度 3万5796人 1万5131人 5万0927人
※講座・学校は、講座参加者や小中学生の社会科見学、視察など。

岩槻人形なき人形会館
展示用に鴻巣人形購入

 清水市長は盆栽美術館に続き、岩槻人形会館も建設しようとしています。その費用は用地買収に12億円、建物建設に14億円など総額30億円にのぼります。
 市は11年の着工を予定していましたが、10年9月議会で私は「市が展示品として用意している人形の多くがボロボロ」「展示品に岩槻の人形が1つもない」などお粗末な実態を暴露。
 さらに翌10月の市民生活委員会で追及した結果、市は「岩槻人形会館がオープンしても岩槻への観光客は増えず、経済効果はない」「盆栽美術館と同程度(年間1億6000万円超)の赤字が出る」と予測していたことを認め、岩槻住民の間からも「人形業者のための箱物建設か」と批判の声があがり、着工は中止になりました。
 しかし、清水市政は今年に入り、予定地を岩槻城址公園横から岩槻区役所跡地に変更して、2020年度開館を目指して、改めて着工する構えを見せています。
 そうなると、市が12億円で用地買収した土地はまったく無駄になります。また昨年度、市は展示品として鴻巣の雛人形を購入していたことも判明しました。
 人形組合に要望されるがままに、岩槻とは関係ない人形を次々と購入し、盆栽美術館の二の舞となる赤字確実の箱物を建設することは認められません。



市は盆栽アカデミーを2016年度末までに設置する意向です。
これは、2017年4月にさいたま市で開催される世界盆栽大会にあわせる狙いがあると思います。
しかし、さいたま市長の清水勇人氏は、無駄なハコモノはもういらないというマニフェストを掲げて市長になったはずです。赤字の盆栽美術館に飽きたらず人形会館、更には国際盆栽アカデミーなる箱物。一体いつから宗旨替えをしたのでしょうか?

【関連リンク】
『吉田一郎 市政レポート』バックナンバー(2014年以降)
前さいたま市議会議員(北区・無所属)吉田一郎 HP

『吉田一郎 市政レポート』2015年2月特別号〈テキスト版〉
『吉田一郎 市政レポート』2015年1月20日号外〈テキスト版〉
吉田一郎さんを勝手に応援するサイト

編集 / 2015.02.24 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑

帆足市議、切手大量購入・政務費二重請求問題 TBSで報道!! (2月10日放送 TBS Nスタ)

カテゴリ: 政務活動費問題

政務活動費(旧政務調査費=以下 政務費)の不正支出問題について、昨年夏から度々お伝えしてきました。なかでも帆足和之市議(浦和区選出=自民)による、〝アニメ切手大量購入 二重請求疑惑〟については重要な問題として、最近当ブログの中心的な話題としてきました。
その問題が、ついにテレビの報道番組に取り上げられ、2月10日に放送されました。
その番組は、TBSの「Nスタ」という平日夕方の大型報道番組です。
番組の内容は、帆足市議のインタビューは勿論のこと、彼の対極の存在として、6年間政務費を1円も受け取らずに活動してきた吉田一郎元市議も登場。二重請求疑惑について解説しています。

放送の情報を事前に知っいればTwitterなどでも告知したのですが、当日(それも直前)だったため出来ませんでした。
私は辛うじて番組を録画する事が出来ました。そこで、録画したこの番組をスライドショーにして、YouTubeにアップすることにしました。
ただし、画質はテレビ画面をデジカメで撮影したものなので実に最低です。ご容赦ください。



【関連リンク】
TBS Nスタ 2015年2月10日
[特集]なぜエリート議員が アニメ切手を大量購入 二重請求疑惑を追及!

川村準のブログ (2015年02月10)
さいたま市の政務活動費問題が、TBSにクローズアップされる!

→ Read more...

編集 / 2015.02.15 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑

 HOME 

プロフィール

五代目

Author:五代目



吉田一郎議員を勝手に応援するサイト yosidaichiro.web.fc2.com
twitter アカウント
五代目 @tamotsu_the_5th
facebook
Tamotsu Fifth(五代目)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

アクセスカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。