スポンサーサイト

カテゴリ: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑

第14回うなぎ祭り開催 浦和が蒲焼き発祥の地ってホント!?

カテゴリ: Non-category

 5月23日第14回浦和うなぎまつりが開催されました。
 当日は3年ぶりに復活したうなぎのつかみ取りが行われ、盛況のうちに終了したとのことです。
 翌日、新聞各紙も一斉にうなぎ祭りの様子を報じていました。その中で気になったのは東京新聞の記事。

以下 2015年5月24日付 東京新聞(TOKYO Web)より抜粋


 江戸時代から名物として親しまれ、うなぎのかば焼き発祥の地として知られるさいたま市で二十三日、恒例の「浦和うなぎまつり」が開かれ、四万六千人(主催者発表)でにぎわった。三年ぶりにウナギのつかみ取りが復活し、大勢の子どもたちが歓声を上げた。 (井上真典)

 市内のうなぎ店などでつくる実行委員会の主催。つかみ取りは、環境省がニホンウナギを絶滅危惧種に指定したことを受けて二〇一三年から自粛していたが、子どもたちに魅力を知ってもらおうと再開を決めた。

(中略)

 捕まえられたウナギはその場で調理され、うなぎ弁当(一個千五百円)として販売された。約三時間で二千個分の購入券がなくなる盛況ぶりだった。



 私が疑問に思ったことは2点。
 ①今年の来場者は4万6千人とありますが、市外からの来場者はどのくらいだったのでしょう。
 このイベントに、例年さいたま市は500万円ほどの補助金を出しています。
 来場者が市内から訪れた方ばかりならば、うなぎ業者の安売りセールに市は補助金をバラまいていると言われても仕方ないでしょう。
 公金を拠出する以上、その使われ方や効果について調査や検討をする必要があるのではないでしょうか。


 ②うなぎの蒲焼きが浦和発祥というのは本当なのでしょうか。

 蒲焼きが最初に文献に登場するのは、今から600年以上も前の室町時代。
 ただし当時の蒲焼きは現在の調理法とは全くの別物で、うなぎを筒切りにして串にさして焼いた姿が、植物の蒲(がま)の穂に似ていることから、蒲焼きと呼ばれるようになったといわれます。塩焼きや酢味噌、山椒味噌などの味付けで食されていたそうです。
 1700年頃、腹を開いて金串を刺し、タレを付けて焼くという調理方法が関西で開発されました。江戸に伝わったのが正徳年間(1711~1715年)といわれています。
 その後、関東の濃口醤油や味醂の普及に伴って関東風のタレと出会い、更に、脂肪が多く肉も堅い関東のうなぎのために「蒸し」の手間が加わって、蒲焼きは現在の姿に完成されてゆきます。
 浦和が発祥の地と主張しているのは、この〝完成形について〟であると思われます。
 では、その主張の根拠は何なのでしょうか。

 吉田一郎市議は、その根拠について、2011年9月議会の決算審査で追求しています。


 動画をご覧頂ければ分かりますが、吉田市議の「発祥の地である根拠は何か」という質問に対し、市の観光政策課長は「蒲焼き発祥の地という説を旧浦和市時代から使っている。蒲焼き業者も(その説を)使っている。説があるという事実をもって観光集客のPR材料に使う事は妥当であると考えている」と、全く噛み合わない答弁が返ってきます。
 更に吉田市議が。「浦和市史を調べた結果、蒲焼き発祥の地であるという記述はどこにもない。一体何処からでっち上げてきたのか」と詰め寄ると、観光政策課長は「私どもは歴史事実を確認する立場にない」と開き直る始末。

 業者が『自分の店が元祖だ』というのは自由ですが、いくら観光PRのためとはいえ、それを根拠に発祥の地と宣伝するのは如何なものかと思います。


 吉田氏の市政レポート2012年2月特別号によれば、市は1844年頃の『浦和宿絵図』に「蒲焼商」が2軒載っていることを証拠として提出していました。
 しかし吉田議員の調査により、1700年頃に発行された『江戸名所百人一首』で、深川八幡のカルタに「めいぶつ大かばやき」の屋台が描かれていることを発見。蒲焼き発祥の地は浦和でないことを証明しています。

※大かばやき
現在蒲焼きと呼ばれている調理法は、それまでの蒲焼きと区別するため〝大かばやき〟と呼ばれていた時代があります。

 また、私も個人的に調べたところ、1800年代前半には既に『江戸前大蒲焼番附』なるものが存在していいて、浦和に蒲焼商がたった2軒しかなかった当時、すでに江戸では番付に載っているだけでも200軒以上の店舗が存在していたことが証明されました。

 現在でこそ、江戸前と言われれば寿司のことと思ってしまいますが、元々はうなぎに対して使われていた言葉なのです。このことから考えても、うなぎ蒲焼きの発祥の地が浦和であるということは、考えづらいのではないでしょうか。

【関連リンク】
ウナギ捕ったよ! かば焼き発祥浦和でまつり 3年ぶりにつかみ取り
(2015年5月24日 東京新聞)

ウナギつかみに歓声
(2015年5月24日 読売新聞)

ウナギつかみ取り:「3年ぶり」に 開始前から列 /埼玉
(2015年5月24日 毎日新聞)


埼玉)浦和うなぎまつり、ウナギのつかみ取り復活

(2015年5月23日 朝日新聞)

「浦和は蒲焼き発祥の地」というデマを宣伝するさいたま市に喝!
(YouTube)

『邪馬台国より古い氷川神社』『うなぎの蒲焼き発祥は浦和』
史実を無視した市のパンフを追及教育委員会も「信じないで」

(吉田一郎市政レポート 2012年2月特別号 3面)
スポンサーサイト

編集 / 2015.05.29 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑

さいたま・埼玉関連 2015年5月下旬の気になる見出し

カテゴリ: 気になる見出し

上田・埼玉知事「多選の弊害防げる」 周辺は選挙準備
(2015年5月20日 産経ニュース)

鉄道の街・大宮をPR 23日、駅周辺でふれあいフェア
(2015年5月21日 埼玉新聞)

3年ぶりにつかみ取り復活 23日、浦和うなぎまつり
(2015年5月21日 埼玉新聞)

清掃会社5000万円脱税…実質代表者ら告発
(2015年5月21日 YOMIURI ONLINE)

【春季関東高校野球】
埼玉勢対決制し浦学V 川越東またも雪辱ならず

(2015年5月21日 産経ニュース)

【速報】天野教授知事選出馬要請固辞
(2015年5月21日 クオリティ埼玉)

3簡易宿泊所を特別査察 川崎の宿泊所火災受け さいたま市
(2015年5月22日 産経ニュース)

さいたま市、訪日外国人にSIMカード無料配布
(2015年5月22日 日本経済新聞 電子版)

新幹線沿線の市長連携へ さいたまで10月に初会合
(2015年5月22日 埼玉新聞)

悲願の空揚げ日本一 春日部の光苑、市長に報告
(2015年5月22日 埼玉新聞)

3000株のバラが満開に
(2015年5月22日 NHKオンライン)



 5月23日には、さいたま市とJR東日本の共催で「鉄道のまち大宮 鉄道ふれあいフェア」が開催されます。同日、浦和区の市役所東側広場と南側駐車場に於いて「浦和うなぎまつり」が開催。また、中央区の与野公園でも園内のバラが満開の時期を迎え、5月16・17日に「ばらまつり2015」が行われました。見頃は5月いっぱいまで続くそうです。
 このように、それぞれ違う歴史と文化を持った各地域が、その特色を生かした催しを行うことには賛成です。このようなイベントを通じて相互理解が深まれば更に喜ばしいことと思います。
 ある地域のみ優遇されるような著しく偏った現在のさいたま市政を早急に見直し、さいたま市を構成するそれぞれの地域が互いに敬意を払い、対等な関係で発展できればと思います。

編集 / 2015.05.23 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑

2015年5月1日 さいたま市議会5月臨時会開会

カテゴリ: さいたま・埼玉の議会・行政

 まだ5月だというのに、はやくも台風6号が5月4日に発生。12日の夕方には四国沖で温帯低気圧に変わったものの、台風並みの勢力を保ち、13日未明には関東付近を通過し、そのまま日本を縦断しました。
〝非常に強い〟という前評判ほどは、被害などの報道もなかったことには安心していますが、台風(?)一過で埼玉県地方は30度越えの真夏日に。この夏のことを思えばホントに先が思いやられます。

 さて、台風といえばさいたま市議会の台風の目 吉田一郎議員。
 先日の選挙で、無投票ながら市議に復帰した吉田氏。その任期が開始した5月1日、早速 さいたま市議会 平成27年5月臨時会が開かれました。

 さいたま市議会のホームページでは、インターネット議会中継と称して、議会の生中継、及び録画中右傾を観ることが出来ます。5月臨時会の動画も、5月11日にアップロードされています。



 5月臨時会での吉田議員の発言は、会議開始直後の議事進行はじまりました。
その内容は、13時30分開会と市議会のHPなどでも告知されていた臨時会開会時間が実際には3分ほど前から始まったことに対し、注意をする発言です。【動画で見る】
 その後議会では、議長・副議長の選挙、常任・特別委員会の委員の選任などが行われ、議長には桶本大輔議員(南区)、副議長には小森谷優議員(見沼区)が選出されています。

 続いて議会では、市長提出の議案(議案第96号~第98号)が審議されました。副市長の議案説明のあと、質問に立ったのは共産党の神田義行議員と無所属の川村準議員と吉田一郎議員。
 神田議員の質問は遮られることなく発言が許されましたが、無所属二人の質問は途中で強制的に打ち切られました。これは、以前当ブログでも紹介しまいたが、さいたま市議会では選挙直前の2月議会で、法的根拠のない申し合わせ事項という議員同士の取り決めによって、無所属議員の発言時間を大幅に短縮してしまったためです。

その後の流れを要点だけ箇条書きにまとめると

吉田議員の議事進行
議案に対する質疑が打ち切られた理由
桶本議長:議事進行にはあたらない

吉田議員の動議
通告を行った質疑に対して最後まで行わせるよう求める動議を提出
→賛成少数のため 非成立

吉田議員の議案に対する討論
3件の議案の内、2件目の途中で打ち切り

吉田議員の議事進行
討論が打ち切られた法的根拠の説明を求める
桶本議長:議事進行にはあたらない

川村議員の議案に対する討論
→時間内に発言終了


吉田議員:議長不信任動議を提出

自民江原議員:議長信任の動議を提出
→ここで自民党からヤジ(立て民主党 バカ野郎など)が飛び出す
→賛成多数で可決

吉田議員の議事進行
脅迫するような不規則発言の中で行われた採決は法的に有効か。さいたま市議会会議規則142条には〝議員は議会の品位を重んじなければならない〟とある。これに違反した状況で行われた採決は果たして有効か。総務省に録音を提出して確認するよう提言。
桶本議長:議事進行にはあたらない

議案3件の採決
→3件とも賛成多数で可決


請願第七号『今年度の政務活動費は受け取らないでください』

川村議員の討論
発言時間終了のため打ち切り

吉田議員の討論
発言時間終了のため打ち切り

吉田議員の議事進行
討論が打ち切られた法的根拠の説明を求める
桶本議長:議事進行にはあたらない

吉田議員の動議
議長も説明できなかった法的根拠のない議会運営規定によって討論が3分以内に制限されている事は私に対する侮辱であるので、会運営規定を直ちに見直すよう動議の提出
→賛同議員が規定の5名に達せず否決

請願の採決=不採択


議員派遣(海外視察)の件について採決
→可決
議事進行
手元の資料では、(傍聴席やネットで傍聴している市民が)分からない。資料を読み上げるよう提言
桶本議長:議事進行にはあたらない


閉会


議案や質疑、討論の内容についての詳細は、市議会のHPや動画をご覧頂くとして、ここで私が特に問題だと思うのはこの部分



 動画を見て頂ければ分かって頂けたかも知れませんが、私が思う問題点を敢えて抜き書きすると以下
①発言者は、規定の時間内に質疑の通告を議長宛に提出し受理されている。
②にも拘わらず、発言はその途中で中断させられている。
③『ガタガタ○※▽×ってるんじゃねぇよ』などという不規則発言(所謂ヤジ)が多数飛んでいるにも拘わらず注意もしない議長。
④議長の発言で、答弁をする執行部に対し『発言時間の範囲内の質疑について、答弁を求める』とわざわざ注文を付けている。
⑤最後に、発言者が議長に対し、議事進行という手段を用いて、質疑を中断した法的根拠について問いただしたが、議長は〝議事進行にはあたらない〟の言葉のみで一連の問題を黙殺している点。
 このように、この数分間のやりとりで現在のさいたま市議会における問題点が浮き彫りにされているように思います。

 また、個人的には現在日本の〝○○ハラ〟などという何でもハラスメントにしてしまう風潮はあまり好きではありません。しかし、この度の無所属議員に対する仕打ちはハラスメントの一種と考えてよいのではないでしょうか?
 無所属の吉田・川村の両氏は、そんなイジメに屈することは全くない様子で、既に川村議員は、全ての議員が発言できる議会の実現のために署名活動を開始しています。また、吉田議員は自身のツイッターに於いて〝会議運営規程の即時見直しに反対した自民・公明・民主・共産の57人(=私と川村議員、桶本議長以外の全員)について、地方自治法第133条(侮辱)に基づく処分要求書を提出〟したことを表明しています。

 6月10日には選挙後初の定例議会が開会します。はたして、真に公平な議会は実現するのでしょうか、そして、さいたま市及び我々市民に明るい未来は訪れるのでしょうか。
 今後も、さいたま市議会から目が離せません。

【関連リンク】
YouTube (チャンネル:keropero888)

吉田一郎HP さいたま市議会動画集 15年5月臨時会

吉田一郎 Twitter Account

さいたま市議会会議規則

編集 / 2015.05.17 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑

 HOME 

プロフィール

五代目

Author:五代目



吉田一郎議員を勝手に応援するサイト yosidaichiro.web.fc2.com
twitter アカウント
五代目 @tamotsu_the_5th
facebook
Tamotsu Fifth(五代目)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

アクセスカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。