スポンサーサイト

カテゴリ: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑

開催費用7億円!? さいたまトリエンナーレ2016に待った!!

カテゴリ: トリエンナーレ

 2015年も本当に残り僅かとなりました。12月18日にはさいたま市議会12月定例会も閉会しましたが、翌12月19日の産経新聞に来年2016年に本開催となる〝さいたまトリエンナーレ2016〟について『さいたま市議会、トリエンナーレの経済波及効果説明求める』と題した記事が載りました。まずは、引用して紹介します。



さいたま市議会、トリエンナーレの経済波及効果説明求める

 さいたま市議会の12月定例会は最終日の18日、来年9~12月に同市で開かれる国際芸術祭「さいたまトリエンナーレ」について、経済波及効果などを市民に説明することを求める議員提出議案を可決、また同イベントの債務負担行為として7450万円を盛り込んだ一般会計補正予算案など計67議案を可決し閉会した。

 トリエンナーレの債務負担行為で市は当初、開催に向けた会場施設の改修や、事務局支援業務として2億250万円とする議案を2日に追加提出。来年までの3年間の総事業費が7億円にのぼると明らかにした。

 しかし、14日の予算委員会で、自民市議らが「具体的なイベントの中身が決まっておらず、先に費用を承認しろというのは問題だ」などと批判し、7450万円に減額する修正案を提出。18日の本会議で費用対効果などが緊急質問された上で、修正可決された。

2015年12月19日 産経ニュース




 そもそもトリエンナーレとは、どんな意味なのでしょうか?
 Wikipediaによれば、『トリエンナーレ(伊:triennale)は、3年に一度開かれる国際美術展覧会』とあります。
 この言葉の通りならば、始まる前から継続開催が約束されていたということなのでしょうか。第一回の開催も中止を含めて検討中だというのに、一体誰がそんな勝手な事を決めたのか。民意無視・議会軽視も甚だしいことこの上ないといった感じです。

 また上記記事にもあるように、内容も決まっていないイベントに対し、2億円もの予算案を提出し、議会に承認を求めるなど執行部の行いは、まさに言語道断です。

 更には昨年から今年にかけて、開催準備費やプレイベントと称して、既に1億2千万円以上の予算が執行されています。
 具体的にどんな無駄遣いが行われたかは、次回(年明けのなるべく早い時期)にお伝えできればと思っています。
 来る2016年をよい年にするためにも、このトリエンナーレの問題は、正面からきちんと正していかなければならないと思っています。

【関連リンク】
さいたまトリエンナーレ2016公式ウェブサイト

議員提出議案第14号
さいたまトリエンナーレ2016事業に係る検証と説明を求める決議

ブログ〝hatinoki
市議会が、さいたまトリエンナール予算を減額

2015年12月19日 産経ニュース
さいたま市議会、トリエンナーレの経済波及効果説明求める

YouTube
3700万円もの宣伝費使い1日10人しか来ない「さいたまトリエンナーレ」

7億円投じるトリエンナーレ=バカ殿まつりは中止を含めた見直しを
スポンサーサイト

編集 / 2015.12.30 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑

 HOME 

プロフィール

五代目

Author:五代目



吉田一郎議員を勝手に応援するサイト yosidaichiro.web.fc2.com
twitter アカウント
五代目 @tamotsu_the_5th
facebook
Tamotsu Fifth(五代目)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

アクセスカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。