スポンサーサイト

カテゴリ: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑

地下鉄7号線に〝大宮ルート〟案浮上 岩槻延伸はどうなる?

カテゴリ: 地下鉄延伸問題

 先日私は、ある資料を入手しました。
 この資料は6月19日に、さいたま市議会 まちづくり委員会で配布されたもので、標題は『交通政策審議会の次期答申に向けた対応について』とあります。(都市局都市計画部交通政策課 作成)
 これだけでは、何についての資料か判らないかと思いますが、内容はあの、地下鉄7号線の延伸について書かれています。
特に中央右側の地図を見て頂きたいのですが、地下鉄の延伸予定を示す点線が、従来の岩槻→蓮田方面と、それとは別に、現在の終点である浦和美園駅から西に伸びる点線があり、大宮駅を目指しています。
 この線を資料では『東西交通大宮ルート』と呼び、新設すると書かれています。これは一体何を意味するのでしょうか。

交通政策審議会の次期答申に向けた対応について

 画像では読み取りづらいので【2.さいたま市における交通の現状と課題】の部分を抜き出してテキスト化しましたので、ご覧ください。



【2.さいたま市における交通の現状と課題】
【現状】
○鉄道路線は、新幹線5路線をはじめ14路線33駅を有し、東日本のハブステーションである大宮駅は、3事業者13路線が乗入れ、1日あたり約67万人の乗降客があり、また、来年北海道新幹線の開業が予定されている。
○鉄道網は、東京圏を南北につなぐ上野東京ラインをはじめとした大動脈であるJ Rが西側にあり、東西をつなぐ川越線、東武野田線が北側に位置し、また、武蔵野線が南側に位置している。さらに、鉄道路線の各駅には、それらを補完するバス路線が伸びている。
【課題】

○人口減少(平成37年頃減少に転じる見通し)や高齢社会の対応として、コンパクトシティを目指すうえで、交通結節点などの拠点と地域を結ぶ公共交通の充実が求められている。
○非常時(災害等)に備え、代替路線を確保し、災害に強い鉄道ネットワークの構築を図ることが求められている。
○大宮駅について、東日本のハブステーションにふさわしい乗換の利便性向上、東西通路等の混雑解消及び非常時の避難施設としての役割が求められている。



 上の文章を読む限り、岩槻方面延伸に関わる内容はほぼ記されていません。逆に大宮方面への延伸の必要性を訴えているように思えます。
 この新しい路線の通る大宮東部地域には、既にバス路線が幾つもあり、通勤通学時間帯は常に満員と聞きます。この乗客が『東西交通大宮ルート』を利用するならば、岩槻方面延伸に比べて、採算性は向上することでしょう。
 さいたま市は、どんな目論見でこの資料を作成したかは判りませんが、努々、二兎を追うような妄想は、夢の中だけにして頂きたいと切に願います。


【関連リンク】
まちづくり委員会(平成27年度)

コンパクトシティ【Wikipedia】

関連記事
スポンサーサイト

編集 / 2015.07.31 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑

コメント


Pagetop↑

Pagetop↑

 HOME 

プロフィール

五代目

Author:五代目



吉田一郎議員を勝手に応援するサイト yosidaichiro.web.fc2.com
twitter アカウント
五代目 @tamotsu_the_5th
facebook
Tamotsu Fifth(五代目)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

アクセスカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。