スポンサーサイト

カテゴリ: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑

さいたま市立教育研究所ホームページ問題 さいたま市の正体はうらわ!?

カテゴリ: さいたま・埼玉の議会・行政

 さいたま市議会平成28年9月定例会が9月7日から10月21日まで開かれています。
 13日の一般質問で吉田一郎議員が取り上げたのが標題の〝市立教育研究所のHP問題〟です。この問題は、さいたま市立教育研究所のHPに掲載されている「授業に使えるコンテンツ」の中から「地域教材」をクリック(現在は工事中でリンクが切られています)。「地域教材」の中の項目、「人や施設に着目する」の下の〝わたしたちのさいたま〟をクリックします。すると、出てくるページは、な、なんとわたしたちのうらわ。議会でも響めきと失笑が巻き起こった事は言うまでもありません。
 答弁に立った村瀬副教育長は「HP上に掲載されていた〝わたしたちのさいたま〟は総合的な学習の時間などで活用できるよう、社会科の副読本などを参考に当時の浦和の様子を表したもの。それが何故か整理されないままHP上に残っていたのが現状」と言いつつ平謝り。

以下は、上記のやりとりの動画(YouTube)。村瀬副教育長の答弁は、9m16s頃からになります。




 実は、この問題は〝終わらぬ二重都市「さいたま」〟というブログで、7月27日にアップされた、〝徹底した大宮排除を進めた市教委と市立教育研究所〟という記事の中に記されたものです。それを私が読み、吉田市議にタレ込んで、今回の一般質問、という流れになったのでした。


 さいたま市の偏向教育問題といえば、6年前に発覚した社会科副読本の問題。
 この社会科副読本『新しいさいたま市』は小学3・4年生が」授業で使う教材ですが、当時のこの本の内容は、まるで「浦和市の教科書」といってもよいほど浦和に偏っていて、「「①わたしたちのまち さいたま市」という項目では、浦和駅や市役所など浦和の記述ばかりの中に、岩槻のことが少し触れられているだけで、大宮や新都心の記述は皆無でした。
 大宮については「⑦わたしたちの埼玉県」という項目の中に熊谷や、春日部、川越などに並んで大宮駅がたったの半ページ紹介されただけでした。これではまるで大宮はさいたま市ではないかのような扱いだったのです。
 吉田一郎市議は2010年9月議会の決算審査で、「浦和駅周辺の現状だけ教えるのではなく、それぞれの地域の現状や歴史を教えるべきだ」と提案し、また、氏の呼びかけで〝大宮の子どもたちに大宮を知る教科書を〟と題した署名活動を行いました。はじめ、吉田氏の地元北区から始めた活動は旧大宮全域に拡がってゆき、1517筆の署名が集まりました。
 この結果を受けて、さいたま市と教育委員会は副読本を改訂することとなり、合併前の旧4市の地理や特色、大宮駅の開設に尽力した白井助七翁の功績などが掲載されることになりました。

 前述した、ブログ:終わらぬ二重都市「さいたま」の〝徹底した大宮排除を進めた市教委と市立教育研究所〟の記事は次のような一文で締められています。

「浦和がわざわざ大宮の地理、歴史などを子供に教えるわけがないし、大宮が浦和の地理、歴史を子供に教えるとも思えない。それがさいたま市の現実だ。」

 まさに仰る通りです。であるからこそ、吉田氏の主張するように、副読本の一部のページを旧4市別の内容に変える必要があるように思います。そして、まずは自分の住む地域をしっかりと学び、その後、市全体、県へと同心円状に自分の住む世界を拡げて識ってゆく姿勢が大事であると私も思います。


【関連リンク】
【ブログ】終わらぬ二重都市「さいたま」
〝徹底した大宮排除を進めた市教委と市立教育研究所〟(2016.07.27)

さいたま市立教育研究所 ホームページ


吉田一郎 市政レポート 
2010年10月特別号
小学校の社会科副読本『新しいさいたま市』
「いつも賑やか」? 浦和を詳しく教えても
大宮・新都心は教えない!?

YouTube
さいたま市の偏向教育に怒りの追及!

大宮の子どもに「浦和中心」を叩き込む偏向教育は許さない!

浦和中心の偏向教科書を改めさせる!さいたま市議会

関連記事
スポンサーサイト

編集 / 2016.09.28 / コメント: 1 / トラックバック: 0 / PageTop↑

コメント

理想→分離独立
現実→永劫植民地

石原(信雄だっけ?)・相川・井原に騙された新藤が

[ 2016.11.25 05:20 | | URL | 編集 ]


Pagetop↑

Pagetop↑

 HOME 

プロフィール

五代目

Author:五代目



吉田一郎議員を勝手に応援するサイト yosidaichiro.web.fc2.com
twitter アカウント
五代目 @tamotsu_the_5th
facebook
Tamotsu Fifth(五代目)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

アクセスカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。