スポンサーサイト

カテゴリ: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑

「週刊読書人」で対談した二人が「おとこラジオ」で激突(後編)

カテゴリ: おとこラジオ

 先週に引き続き、2013年11月15日放送のFM NACK5(79.5MHz)『おとこラジオ』に飛び地研究家で元さいたま市議の吉田一郎さんとノンフィクション作家の高野秀行さんがゲスト出演しました。


外国で体験した強烈な宴会

  吉田さん
 高校1年生の夏休み、当時カンボジアはポルポト政権が滅んで内戦になっていた。興味があって訪れたカンボジアとの国境にあるタイのアランヤプラテート。バンコクからアランヤプラテートの駅まで列車で行って国境まで歩いた。国境でタイの国境警備兵に「それ以上行ってはダメだよ、帰りなさい」と止められた。するとなぜか警備兵がぞろぞろとついてくる。はじめは、きちんと帰るか監視をしているとか思っていたが、途中の屋台で呼び止められて引き込まれた。警備兵達は料理やビールを注文し宴会を始め、吉田さんも酒を呑まされ、結局支払いまで持つ羽目に。当時15歳の吉田少年は酔っぱらって、どうやってバンコクに帰ったかも憶えてないという。


  高野さん
 3年くらい前に行ったブータンの奥地、ブロクパという遊牧民の村。雰囲気の暗い村で、何を聞いてもよく知らないと答えてくれない。
 この村には客が訪れると夜、女性が続々と焼酎の入った瓶やポットを手に集まってきて、客が酔い潰れるまでもてなす習慣があるという。高野さん達はあまりの量の多さに驚き「寒くてこんなに呑めない」というと酒を鍋に空けて熱燗にしてくれた。そして「ドゥン ドゥン」(おかわり)と酒を勧められ呑んでいるうちに、暗い雰囲気だった村人もだんだん陽気になって歌い出し、乱痴気騒ぎになった。酔い潰されて何があるわけではないが、最後は客がお礼にお金を払わなければいけないという恐ろしい宴会である。


吉田さんから高野さんに行ってもらいたい国
 内戦や生命の危険のあるところは控えて、次はちょっと安全に過ごせる場所を見てきて頂きたいと思った。その国は〝ナウル〟南太平洋の島国人口が何千人かの小さな国だが、この国はつい最近まで世界一のお金持ちの国だった。南太平洋のど真ん中にあって周りに島がない。だから渡り鳥が太平洋を横断するときにこの島でウンコをして次に飛んで行く。それが何万年も積み重なってリン鉱石になっている。肥料になるリンを採掘して何十年間も世界で一番豊かな国だった。ところが掘り尽くしてしまって、国ごと行方不明になっちゃった。
 リンを掘り尽くした後、収入のために国が難民の受け入れをして国連から金をもらおうと計画したが暴動が起きて、島の国際通信の基地が破壊されたために国ごと他所の国と連絡がとれなくなった。そんな中、病気治療でアメリカに行っていた大統領もそのまま死んでしまって誰がトップかもわからない。その後オーストラリアの船が行ってどうにか新しい大統領に会ったという話もある。
 是非高野さんに〝ナウル〟が今どうなっているのか確認してきて頂きたい。



吉田一郎 氏 プロフィール

1963年(昭和38年)11月3日生まれ。50歳
若竹幼稚園、東大成小、植竹中、上尾高校卒。
法政大学社会学部応用経済学科卒。
早稲田大学大学院修士(国際関係学専攻)。
『HongKong Post』記者、月刊『香港通信』編集長、日刊『香港ビジネスポスト』編集長を経て、2007年からさいたま市議(3期)
2013年さいたま市長選挙に出馬。53,513票を獲得。更に北区では 20,370票とトップの得票数であったが、善戦虚しく落選。現在の肩書きは無職 フリージャーナリスト。一市民の立場から清水市政を徹底追求!

主な著書
『消滅した国々』 社会評論社 2012
『国マニア』(ちくま文庫) 筑摩書房 2010
『国境線の謎がわかる本』(監修) 大和書房2008
『世界飛び地大全』 社会評論社 2006
『国マニア』 交通新聞社 2005
『九龍城探訪 魔窟で暮らす人々 -City of Darkness-』(監修)イーストプレス 2004
『中国アナーキー』 アスペクト 1998
『香港的秘密』 アスキー 1997
『香港街伝』 徳間書店 1997

更に詳しくは
本家HPまたは
吉田一郎さんを勝手に応援するサイト をご覧ください
関連記事
スポンサーサイト

編集 / 2013.11.21 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑

コメント


Pagetop↑

Pagetop↑

 HOME 

プロフィール

五代目

Author:五代目



吉田一郎議員を勝手に応援するサイト yosidaichiro.web.fc2.com
twitter アカウント
五代目 @tamotsu_the_5th
facebook
Tamotsu Fifth(五代目)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

アクセスカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。