スポンサーサイト

カテゴリ: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑

クリテリウム追加補助金 市長が専決処分

カテゴリ: クリテリウム

 <1月21日>
「さいたまクリテリウムbyツールドフランス」の第4回実行委員会(会長=清水勇人市長)が開かれました。
 この日の会合ではクリテリウムの総事業費が為替差損や台風対策などにより当初予定の3億5000万円から5億5580万円に拡大したことが説明され、1億8950万円の収支不足が生じる決算見込みが承認されました。 
 不足分は市に追加の補助金を要請していることも報告され、清水市長は「市議会や市民に理解をいただけるよう丁寧に説明していくが、最終的には公益的事業として市が責任を負わざるを得ないと考えている」と語りました。


 <1月24日>
 清水勇人さいたま市長は12月議会で廃案となったクリテリウムへの追加補助金1億5200万円の市支出を専決して執行しました。市側は議案再提出も検討しましたが、2月議会で否決された場合、契約相手への支払いができなくなる懸念があったため専決を決めた模様です。
 議会で可決されなかった予算議案を市長が専決処分したのはさいたま市で初めてのこと。

【市長専決とは】
地方自治法に基づき、本来議会の議決が必要な事項について、議決をせずに首長自らが決めること。緊急で、議会を招集する時間がない場合などに限った補充的手段。専決処分した場合は次の議会で報告し、承認を求めなければならないが、承認されなくても、効力に影響はない。



 <1月27日>
 清水市長は、2月定例議会を当初予定の2月12日から同7日に繰り上げて招集し、専決処分したクリテリウムの追加補助金1億5200万円ついて、議会に承認を求める議案を提出する意向を明らかにしました。
 同日開かれた議会運営委員会では「臨時議会を開き議案を再提出すべきだった。専決は議会軽視」との声もありました。
 追加支出の補正予算案は12月議会で廃案になっているため、市は議会から出された疑問に答える行政報告を同7日、承認議案提出に先立って行うことになっています。


【関連記事】
2014年1月22日付 埼玉新聞
さいたまクリテリウム、最終赤字は1億8950万円

2014年1月25日付 埼玉新聞
廃案のさいたまクリテリウム補助金追加、市長が専決

2014年1月28日付 埼玉新聞
さいたま市、クリテリウム補助金追加専決を繰り上げ審議へ
関連記事
スポンサーサイト

編集 / 2014.01.31 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑

コメント


Pagetop↑

Pagetop↑

 HOME 

プロフィール

五代目

Author:五代目



吉田一郎議員を勝手に応援するサイト yosidaichiro.web.fc2.com
twitter アカウント
五代目 @tamotsu_the_5th
facebook
Tamotsu Fifth(五代目)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

アクセスカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。