スポンサーサイト

カテゴリ: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑

政務活動費不正支出問題:埼玉県の場合 後編

カテゴリ: 政務活動費問題

 今回も、前回に引き続き政務活動費の問題を取り上げたいと思います。
 読売新聞の埼玉版に〝公費検証〟という連載記事があります。
 ちょうどブログの後編をまとめようかと思っていた7月24日の朝刊に『政務費で小説など300冊 自民党県議』という記事が載りました。以下はその抜粋です。


 2013年度に埼玉県議会各会派に支給された政務活動費(政務費)で、自民党の沢田力議員(さいたま市大宮区)が、小説や自己啓発本など約300冊を購入し、政務費から約60万円を支出していたことが読売新聞の取材で分かった。市民オンブズマンは、書籍がどのように政務活動と関係があるのか、疑問を投げかけ、監査請求することを検討しているという。
  ── 中 略 ──
 県政との関係 「細かいことは答えない」
 政務費でこうした書籍を購入したことに関する沢田議員の説明は以下の通り。
―ブローデルの地中海などの書籍と県政との関連性は
 「細かいことは個別には答えるわけにはいかない」
―政務活動として購入しているのか
 「どんな本か知っているのか。やましいことは一切ない」
―書籍が政務活動とどう関係しているのかを聞いている
 「本を読まず教養もないのに、記者なら全部読んでから質問するのが当然だ」
―政務活動との関係について説明いただきたい
 「つまらない質問には答えたくない」


 沢田県議は大宮出身の46歳。政治家としてのスタートは大宮市議会議員。それも、栗原公喬氏(当時市議・現 吉田一郎氏の後援会長)が大宮市時代最後の市長選に挑戦するために辞職した、その補欠選挙だった因縁もあり、個人的には何となく親近感持っていました。また、ブログやFBなどネットを駆使し自分の考えや県政についての報告をする比較的ちゃんと仕事をしている議員であるため、この対応は残念に思います。

 この他にも、鈴木弘氏、鈴木聖二氏、渋谷実氏、小川真一郎氏=いずれも自民党。石田昇氏=刷新の会。竹並万吉氏=さいたま吉翔会など少なくとも10議員が、自宅や親族が経営する会社などに事務所を設定し、政務費から賃料を支払っていることが報道で明らかになりました。
 神戸学院大学の上脇教授によれば「政務費は税金で賄われている以上、身内や自身が経営する会社に賃料を支払うのは不適切と言わざるを得ない。事務所として使用している実態がないのに賃料を支払っていたら違法である」と述べています。

 更に昨年11月、自民党県議を中心に構成する「ASEAN友好議員連盟」が4泊5日でタイとミャンマーを訪問しています。視察団は鈴木聖二会長、宮崎栄治郎幹事長以下13人。「経済交流を深める」という目的の海外視察なのですが、飛行機はビジネスクラス、高級ホテルに宿泊し、費用は1人50万円以上もかかりました。
 視察は計7か所。1日平均の視察時間は2時間程度だったといいます。
 提出された報告書は16ページですが、写真を多用し、実際のリポートは7ページ程度。報告書のまとめは「急激な環境変化が起きるこの国をしっかり注視すべきだ」など、質・量ともにお粗末な内容です。
費用1人50万円のタイとミャンマー視察に参加したASEAN友好議員連盟の面々
費用1人50万円の視察に参加したASEAN友好議員連盟の面々

 海外視察と言えば、10年も前の話ですが、今まで紹介してきた事例がかわいく思えるほど、埼玉県政の歴史に残る汚点『埼玉県議会議員公費買春事件』があります。ご存知の方も多いかと思いますのでここでは抜粋した内容を紹介したいと思います。詳細は、下記にリンク(Wikipedia)を参照して頂ければと思います。


2003年11月12日、埼玉県議会の海外視察で自民党県議ら6人がバンコクへ渡航、現地で夕食後、宿泊先のホテルとは別のホテルの3階にある、セクシーな衣装を身にまとった女性を指名するマッサージ店へと移動し、ガウンを身にまとった議員らがマッサージルームに入り2時間滞在。カンボジアでの視察を挿み再びタイへと移動。16日夜、バンコクにある女性を指名するクラブへ移動し、議員らがそれぞれ一人ずつ女性を指名し店内奥へと消えた。遊び終えた議員達が外へと出てきた後、一人の議員が指名した女性を連れタクシーで宿泊先のホテル戻り、エレベーターで同じ階へと降りていった。

この事件は、日テレの『報道特捜プロジェクト』によって周知のものとなり放送後、埼玉県庁には抗議が殺到し、各新聞にも取り上げられた。

6人は視察費用530万円を県議会議長宛てに返還するも、既に行われた視察の費用を返還すると、公職選挙法で禁じられている選挙区内への寄付行為に当たる可能性もあると言う理由で返金された。


この事件を受け、埼玉県議会では海外視察を自粛していましたが、2年ほど前に解禁されています。

【関連リンク】
海外での視察1日2時間、ホテルは高級な県議会

埼玉県議会の10県議が、政務活動費で親族らに事務所賃料支払い

地中海・コーラン…政務費で県議「教養教育で」

埼玉県議会議員公費買春事件 (Wikipedia)
関連記事
スポンサーサイト

編集 / 2014.07.28 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑

コメント


Pagetop↑

Pagetop↑

 HOME 

プロフィール

五代目

Author:五代目



吉田一郎議員を勝手に応援するサイト yosidaichiro.web.fc2.com
twitter アカウント
五代目 @tamotsu_the_5th
facebook
Tamotsu Fifth(五代目)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

アクセスカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。